ヒューガルデンと焼きギョウザ

ヒューガルデンから回り回って、陸マイラーに。そんな物語。

三井住友ゴールドカードのパーソナルアカウントがスゴイ件

f:id:Hoegaarden:20170117115725j:plain


三井住友ゴールドカードのパーソナルアカウント

今回のエントリーは、私の知識で良ければお役に立ててください。
そんな感じの内容です。
陸マイラー的には、少し関係の無い内容かもしれません。
VISAのプロパー的存在の三井住友VISAカードのお話しです。
その中でも、堅実なステータスを持つ『三井住友VISAゴールド』。
みなさん、どんな印象をお持ちでしょうか?

 1.年会費が高い(2年目から10800円)
 2.堅実だけど特徴が無い
 3.審査が無駄に厳しい
 4.ポイント還元率が低い

このように思っていませんか?
たしかにその通りかもしれません。ステータス以外には特徴の無いカードです。
しかーーし!使い方次第で、実はとてつもない破壊力を発揮するカードなのです!

www.smbc-card.com


三井住友ゴールド 家族カード(パーソナルアカウントタイプ)

今日、みなさまにお伝えしたいことは、『家族カード』のことです!
え?どこの会社でも持てるじゃん! って感じですよね。その通りです。
しかし。三井住友ゴールドカードではちょっと特殊な家族カードを設定できるのです。

www.smbc-card.com

『パーソナルアカウント』

家族カードって、家族個人ごとに引き落とし口座を分けられたらなあー。
って思ったことないですか?それが出来ちゃうんです。
しかも無料で何枚でも!(※配偶者、子供、両親まで)
みーんな、違う口座で引き落としが可能なんです。
(ただし、限度額は合算で本会員の枠内)

そして最大の特徴は、
『使用する家族個人のクレヒス実績になる』ということなんです。
なので、家族みんなで三井住友VISAのクレヒス修行が可能ということです。
そして、万が一家族が遅延事故を起こしても、本会員のクレヒスに影響は無いそうなんです。これってすごくないですか?
(※2017年にゴールドデスクに電話で確認しました)
家族カード発行時に、家族自身の審査も必要ですが、親カード契約本人の評価が担保となっているので、審査はかなり甘くなるそうです。


家族カードは無料で利用できる!

一応、家族カード1枚目は年会費無料(1年に3回以上の利用)、2枚目からは1080円となっていますが、これも無料にできます。

 1.毎月送られてくる明細書を、web明細にする

たったこれだけで、2枚目以降も無料になるのです。
どうしても、紙の明細書が欲しい家族が居る場合は、家族カードの1人目に割り当てるとOKです。(※すべてゴールドデスクに確認済)


家族カードのマイ・ペイすリボの設定は不要!

三井住友ゴールドカードは、マイ・ペイすリボの設定で、
年会費を4320円まで下げることが可能ですが、家族カードも道連れになるような気がしますよね?リボ払いってなんだか怖いですよね?
安心してください!パーソナルアカウントの場合は、家族それぞれのリボ払いの設定は自由なんです。(※ゴールドデスクに確認済)
つまり、家族カードの方が本会員以上に自由に使えるということなんです。
(年会費10800円払うなら本会員も自由になりますが…)
ポイントも家族のカードに付きます(ただし、家族での合算はできない)
web管理サイトの『Vpass』も、家族全員のアカウントが分かれています。明細書も個人ごとに別々に送られてきます。

どうでしょうか?三井住友ゴールドカード。
たった4320円の年会費で家族みんなが個人持ち(のような)ゴールドカードを持つことが可能なんです。素晴らしいです!
これは、三井住友プラチナカードも同様です。
他のカードではJCBが可能ですが、パーソナルアカウント1件につき3240円が必要です。ちょっと高いですよね?

将来、東京ディズニーランド特典が欲しければJCBで。USJ特典が欲しければ、三井住友で、という選び方もありかもしれません。